スマートフォン用の表示で見る

増田俊也

読書

増田俊也

ますだとしなり

1965年生まれの作家。

北大を中退し北海道新聞の記者を経て作家生活に。

北大柔道部では、七帝柔道を経験し副主将を努めた。総合格闘家ブラジリアン柔術家で現在は指導者の中井祐樹は同柔道部の3期下。同じく修斗で闘う総合格闘家山下志功は6期下。


2006年「シャトゥーン−ヒグマの森」で第五回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞受賞(当時の筆名は「増田俊成」。)

同作品はのちに漫画化もされた。

2008年から「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を「ゴング格闘技」に連載。同年、現在の名前に筆名を改名。

柔道の現状への鋭い評論や、柔道史の研究にも定評がある。

2009年、公式ブログを開設。

http://blog.livedoor.jp/masuda_toshinari/

twitter

http://twitter.com/MasudaToshinari

リスト::格闘技関係者