造り酒屋

一般

造り酒屋

つくりさかや

酒を醸造して卸す店。小売りの酒店に対していう。蔵で日本酒 酒を醸造し、店舗でそれを販売する職業。


鎌倉時代に発生し、室町時代には隆盛期をむかえた。単なる酒屋との定義の境界線が明確にあるわけではないが、一般に酒屋は、土倉(どそう)として金融業や、荷送りなどの流通業通信業などさまざまな業種を扱う総合的な豪商で、都市の中心にしっかりとした店舗をかまえ、手代や丁稚などの店員のほか、用心棒なども養っていた大所帯である概念が強い。