足袋

一般

足袋

たび

足に履く布製の袋状の衣料。鼻緒をすげた履物をはけるように親指とほかの四本の指を入れる二つの部分に分かれており、かかとの上をこはぜで留める。古くは革製で組紐(くみひも)で結んだ。現代では和服の時に、防寒用・礼装用として用いる。[季]冬。《―つぐやノラともならず教師妻/杉田久女》



三省堂提供「大辞林 第二版」より