スマートフォン用の表示で見る

足踏み式パーキングブレーキ

一般

足踏み式パーキングブレーキ

あしぶみしきぱーきんぐぶれーき

従来の手でレバーを引くパーキングブレーキに対して、足でペダルを踏み込むパーキングブレーキ。一般にクラッチペダルと位置が重なるため、マニュアル車への採用は難しい。

ハンドル横のレバーでリリースするものや、ペダルを再度踏み込んでリリースするものなどがある。

メリット

  1. 体重を掛けてペダルを踏み込める為、女性や高齢者など、握力・背筋力の強くない人でもしっかりとパーキングブレーキを掛けられる。
  2. コンソールボックス回りのレイアウトがすっきりする。
    1. アームレストを大きく取れる。
    2. ミニバンのセンターウォークスルーが実現しやすくなる。

デメリット

  1. マニュアル車に乗っている人がクラッチペダルと間違える。
  2. 坂道発進が若干難しい。
  3. 運転者が倒れるなどの緊急時に同乗者がサイドブレーキを引いて緊急停車することができない。