孫乾

孫乾

(社会)
そんけん

中国後漢の人物(? - 214年?)。青州北海郡の人。字(あざな)は公祐。

劉備配下の人物で、劉備が徐州刺史を務めていた頃に、同郷の学者鄭玄の推挙により、劉備に招聘され仕えた。

劉備が曹操に反乱を起こしたとき、孫乾を袁紹のもとへ派遣して同盟を結んだ。

その後、劉備がまたもや曹操に敗れて荊州劉表を頼ろうとしたとき、孫乾は糜竺と共に劉表のもとへ赴き劉備を受け入れるよう要請した。

官渡の戦いの後、袁紹の子の袁尚袁譚らが内紛を繰り広げていた際、劉表は袁尚に「劉備と共に孫乾も心を痛めている。」と言った手紙を送ったという。

劉備の入蜀後、糜竺の次、簡雍と同等という待遇を受けた。間もなく亡くなったという。

三国志演義』では、孫乾は陶謙の臨終時に劉備に推挙された。劉備と関羽張飛が曹操に敗れて離れ離れになったときは、その連絡役を務めて三兄弟の再会に貢献した。

劉備に仕えて間もなかった龐統の働きぶりを孫乾は張飛と共に視察している。張飛は龐統の不真面目な勤務態度に激怒し龐統を逮捕しようとするが、孫乾が取り成して事なきを得た。その後、龐統が100日分の政務を僅か数刻で完了させた事に張飛は感嘆し己の行いを悔い、諫めた孫乾に感謝したという。

リスト::三国志関連

新着ブログ: 孫乾