スマートフォン用の表示で見る

孫武

読書

孫武

そんぶ

春秋時代兵法家。斉の人であったが、呉王の闔閭に将軍として仕えて活躍した。

兵法バイブルとも言うべき「孫子」の著者。もっとも、孫子の実際の著者は戦国時代の人の孫臏ではないかという説が長年唱えられており、実在を疑われていた。

1972年に孫臏の兵法書が発見されたことで、やはり孫子の著者は孫武が有力ではないのか、ということになっている。