孫六兼元

社会

孫六兼元

まごろくかねもと

日本の室町時代後期に美濃国で活動した刀工。「兼元」の名は室町時代から江戸時代を経て現代にまで続いているが、そのうち二代目を特に「孫六兼元」と呼んでいる。