尊い

アニメ

尊い

とうとい

二次元コンテンツにおける尊いとは、キャラクターや作品に対して「萌え」を通り越して信仰心に似た強い感情を抱いている状況を表すときに使われる表現。

「素晴らしい」「最高」という意味を超えている場合に用いられる。

用例としては、キャラクター名や作品名と一緒に「○○尊い」と端的に表現されることがほとんど。

このような使い方は2012年にはすでに散見され、2013年で女性オタクを中心に広まり、2014年にはかなり一般的に用いられるようになってきた。