尊皇攘夷論

一般

尊皇攘夷論

そんのうじょういろん

江戸時代末期に広まった尊皇論攘夷論の総称。天皇を尊び、外国勢力を撃退させて日本を守ろうとする過激な思想である。