読書

村井淳志

むらいあつし

教育学者、金沢大学教授。1958年3月名古屋市出身。1980年東京都立大学人文学部教育学科卒業、89年同大学院博士課程教育学単位取得退学。東京都立大学助手、金沢大学教育学部講師、助教授、教授。専門は歴史教育社会科教育論。

著書

共著

  • 『性の授業死の授業 輝く命との出会いが子どもを変えた』金森俊朗共著 教育史料出版会 1996
  • 『いのちって何だろう 学校・家庭・戦場で子どもとともに』坂下ひろこ, 佐藤真紀共著 コモンズ 2004.6.選書オルタ