スマートフォン用の表示で見る

村山富市

社会

村山富市

むらやまとみいち

政治家(1924-)

明治大学政治経済学部

日本社会党委員長、元社会民主党党首、第81代内閣総理大臣

トレードマークはその長いまゆげで、トンちゃんの愛称で親しまれる。

1994年に自社さ連立政権として、社会党しては片山哲以来の首相に就任した。

総理在任中に有名な「村山談話」を発表した。

しかし、選挙毎に議席を大きく減らし、民主党の成立もあり、社会党の後退を招いた。

その後、社会党社民党と改名し、初代党首となる。

2000年の衆議院解散を受けて、議員を引退した。

阪神大震災での初動の遅さ及び会食をした行為では嘉門達夫などに揶揄されるほど問題視されていたが、その種における多数の法案を早々と成立をさせている。