村上公康

スポーツ

村上公康

むらかみきみやす

60〜70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは捕手背番号は10→28番。

1945年2月24日生まれ。愛媛県出身。

西条高校から立教大学へ進学するも中退し、日本楽器に入社。

1966年、第1次ドラフト*14位で西鉄ライオンズに入団。

2年目の1968年和田博実の後釜として正捕手となる。

1970年黒い霧事件で半年間の出場停止処分。


1972年榎本喜八との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。

醍醐猛夫?に代わる正捕手として活躍。

1974年、リーグ優勝日本一に大きく貢献。


1977年現役引退

その後は愛媛県に戻り、スポーツ用品店の代表取締役に就任。


2005年、過去の優勝メンバーとして千葉ロッテマリーンズ開幕戦始球式に登場した。

*1:この年は第2次ドラフトも行われた