村上城

地理

村上城

むらかみじょう

村上城(むらかみじょう)

本荘繁長が居城とするために築かれた城で、当時は本荘城と称した。上杉景勝の代になり上杉氏は会津へ移封。繁長もこれにしたがったために、その後は村上義明が城主となったのを初め、結城・榊原・本多・大河内・間部・内藤と変わり明治維新まで続いた。。城の建造物は、戊辰戦争での幕府軍との戦闘ですべて焼失した。