村尾国士

読書

村尾国士

むらおくにお

1942年香川県生まれ。明治大学文学部卒業後、雑誌記者などを経て、ノンフィクションライターに。人物論、医療、企業ルポ、アジア紀行など幅広い分野で執筆活動を続けている。

著書に『十二の志』、『おれは土門拳になる』、『たったひとつの命かざって』、『フィリピン決戦』など。

(以上は『どんなガンでもあきらめない』晶文社の著者略歴より引用)