村野東吾 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

村野藤吾

むらのとうご

村野藤吾は日本の建築家、1891-1984。

佐賀県唐津市生まれ、福岡県八幡市(現・北九州市)で育つ。小倉工業高校機械科卒業後、八幡製鉄勤務。

その後陸軍砲兵として長崎県対馬に配属。

早稲田大学電気学科に進学するも建築学科に転学。早稲田大学建築学科卒。

大阪の渡辺節事務所を経て1929年村野建築事務所設立

文学では有島武郎を愛した。


代表作:

・森五商店(1931)

そごう百貨店(1935)

宇部市民会館(1937)

・世界平和記念聖堂(1955)

八幡市八幡図書館(現・北九州市八幡図書館、1955)

八幡市八幡市民会館(現・北九州市八幡市民会館、1958)

小倉市立小倉市民会館(のち・北九州市小倉市民会館/現存せず、1959)

日本生命日比谷ビル(日生劇場、1963)

甲南女子大学(1964)

宝塚カトリック教会(1966) 

新高輪プリンスホテル(1982)