多田行綱

社会

多田行綱

ただゆきつな

日本の平安時代末期の武将。源行綱とも。

摂津源氏の流れを汲む多田源氏棟梁で、源平合戦では源義経軍の一翼を担った。後に源頼朝に疎まれて所領を没収された。