多田頼憲

社会

多田頼憲

ただよりのり

日本の平安時代末期の武将。源行国の三男。源頼憲とも。

保元の乱では崇徳上皇方として参戦し敗れて斬首された。