多聞

若若茖

2篁

一般

多聞

たもん

仏教において多くの教えに触れ身につけた者。

初期仏教では口伝で教えを伝えていたが、ここで多くの僧に多くの教えを聞き覚え説いた者はこう呼ばれた。

多聞であるという事が示す事

仏陀の教えをよく知り身につけているという事は勿論であるが、当時は口伝であるため多くの者と直接会って教えを受けねばならず、故に懸命でコミュニケーションをよく行ったという事をも示していたと言われる。

多聞

たもん

灘五郷の1つの西宮郷清酒。かつては兵庫県西宮市多聞酒造株式会社が製造していたが、2005年に経営破綻して現在では同じ西宮市大関株式会社が製造している。