スマートフォン用の表示で見る

多摩急行

地理

多摩急行

たまきゅうこう

小田急線列車種別の一つ。

多摩線から千代田線へのアクセス向上を図る為に設定された。

この多摩急行の設定と引き換えに、本厚木始発の千代田線直通準急が大幅に削減され、朝夕に一部残るのみとなってしまった(その後、本厚木までのメトロ車の運用も消滅し、夕方の直通準急の設定もなくなり、朝の一部の列車のみとなってしまった)

停車駅は、代々木上原までの常磐緩行線千代田線内各駅と、代々木上原下北沢経堂成城学園前登戸新百合ヶ丘栗平小田急永山小田急多摩センター唐木田

向ヶ丘遊園は通過。*1


綾瀬止まりの列車には、小田急の車両(1000形・4000形)が使われる場合があるが、綾瀬から先の常磐緩行線に直通する列車には、車両搭載機器の関係で東京メトロの車両(6000系06系16000系)のみ使われる。日中は綾瀬唐木田我孫子唐木田の系統がそれぞれ1時間に1本ずつ交互に運行される。また、昼間は快速急行とペアになっていて、快速急行が通過する駅へのフォローも兼ねている。

多くの場合、新宿からは区間準急を使い、代々木上原で乗り換えることになる。

また、新百合ヶ丘で、上りは快速急行から多摩急行に、下りは多摩急行から快速急行に乗換えが可能。いずれも待ち時間は2〜3分程度なので、乗り継ぎはよい。

かつては、湘南急行の続行運転で、乗客が少なかった(湘南急行が通過する経堂の利用客がかなり多かった)が、今回の改正で急行系統(急行多摩急行)の一つのスジを担うことになり、多摩線利用者・経堂利用者以外の利用客が増えた



ちなみに、JR線内では、唐木田行きの多摩急行で「多摩急行」とは表示されておらず、単に「唐木田」と書いてある(綾瀬で「多摩急行」の表示をさせる)。

また、小田急線から千代田線に直通する場合、代々木上原で「多摩急行」の表示を消して、行き先表示だけになってしまう。

*1向ヶ丘遊園に止めると、後を走る快速急行特急が詰まってしまうため。また、千代田線からの遅れを加味して、ダイヤにゆとりを持たせるため。