スマートフォン用の表示で見る

太鼓の達人

ゲーム

太鼓の達人

たいこのたつじん

バンダイナムコゲームスから発売されている音楽ゲーム

流れてくる音符に合わせ、太鼓の面と縁を叩くシンプルなシステム。

現在での、音符の種類はアーケード版(主にACと呼ばれる)で8種類。

家庭用(ボス戦、DS版)を含めると、15種類もの音符が存在する。

かんたん、ふつう、むずかしいコースが存在する。

さらに隠しコースとしておにコース(6以前はドンだフル!コース)がある。

主なキャラクターとして和田どん和田かつがいる。

アーケード版でおにコースをやったものならギャラリーが集まってくるのを覚悟で。

また、アーケード太鼓の達人14で"真打モード"が新たに加わる。

太鼓の達人専用の曲、ナムコオリジナル曲がある(2000シリーズ、~ノ舞シリーズなど)。

関ジャニの仕分け∞』の定番企画「リズム感対決」でお馴染みとなっており、開発チーム協力の上で番組専用に譜面が制作されている。

この企画が縁なのか、関ジャニ∞大倉忠義が愛用しているゲームの一つとなっている。

プレイ料金は、アーケード版の場合1回で100円、クリアすると3曲までプレイ可能。

アーケード版

アーケード版 歴史

wikipedia:太鼓の達人参照

太鼓の達人2で最高難易度の「ドンだフル!」が登場。これが後の「おに」になる。

太鼓の達人4の選曲画面でハイスコア表示がされるようになる。(ただし「むずかしい」と「ドンだフル!」のみ)

太鼓の達人7でシステム等がを大幅変更。現在の太鼓の達人に近づいた。

「ドンだフル!」表記が「おに」になる。

太鼓の達人9のリザルトで、「良」「可」「不可」が表示されるようになる。

デザインが変更された。

太鼓の達人10で隠し曲が出現するようになる。

太鼓の達人11のリザルトで、連打数が表示されるようになる。

太鼓の達人12で大音符が飛ぶときのエフェクトが変更される。

太鼓の達人12増量版では、前作「太鼓の達人12」に新しく30曲追加される。

太鼓の達人14では、結果発表後に限定曲が出来る。4曲設定の台では5曲出来ることになる。

ただし、今作で新たに追加されるモード「真打モード」のコマンドを入力すると、

限定曲が出来なくなる。http://qurl.com/8ccg5

太鼓の達人(新)でシステムと外見が大幅変更、パナパスポート対応で、きせかえを選べるようになった。

ソライロバージョンで、新ジャンルボーカロイド曲」が増えた。

家庭用ゲーム版

PS2

PSP

ニンテンドーDS/3DS

Wii/WiiU

PS2版ではコントローラーとして「タタコン」を使えてWii/WiiU版では「太鼓とバチ」が使えます。

amazon:太鼓の達人