スマートフォン用の表示で見る

太閤検地

社会

太閤検地

たいこうけんち

豊臣秀吉が実行した土地に関する税制の見直し。天正の石直しとも言う。

まず、土地の生産力を石高で表すようにした。また、検地帳を作成して一地一作人の原則を徹底し、荘園制を崩壊させた。