スマートフォン用の表示で見る

太政官

社会

太政官

だいじょうかん
  1. 律令政治において、中央・地方の全役所を統括する政治の中枢機関。「おほいまつりごとのつかさ」とも。⇔神祇官
  2. 明治初年に政府に存在した組織。明治18年(1885年)に内閣に取って代わられた。1.との区別のために「だじょうかん」と読むこともある。

以下は1.の語義における太政官以下の組織である。

大臣=公(こう)

*三公(さんこう)・・「太政大臣左大臣右大臣」もしくは「左大臣右大臣内大臣

卿(けい)

大納言中納言の大きな違いは、「大臣の代行」が出来る(⇒大納言)か、出来ない(⇒中納言)か・・。

*参議(さんぎ)・・”議に参加”する官職奈良時代に設置された令外官*1

規定では「四位以上」であるが、ほとんどは「従三位」に就いてから。

定員の関係で、参議に就けない公卿もいる。(=非参議)

三局

外記(げき)・史(し)

  • 大外記(正七位上相当)
  • 少外記(従七位上相当)
  • 大史(正六位上相当)
  • 少史(正七位上相当)

*1太政官官職では、他に「内大臣」と「中納言」が令外官