太田牛一

社会

太田牛一

おおたぎゅういち

日本の戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。軍記作者。諱は資房。

信長公記」などの伝記の著者としても知られている。