太田誠一

一般

太田誠一

おおたせいいち

日本の政治家1945年10月30日生まれ。福岡県福岡市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程で単位取得後、福岡大学経済学部助教授などを経て1979年自由民主党の公認で第35回衆議院議員総選挙出馬したが落選。しかし、1980年6月の衆議院議員選挙に立候補して初当選を果たしている。一度、自民党を離党したが現在は復党している。また、2003年には早稲田大学スーパーフリー事件について「レイプは元気があって正常」と発言してその年の衆議院議員総選挙で落選した。しかし、2005年の衆議院議員総選挙で返り咲きを果たしている。人権擁護法案推進派で日韓海底トンネル推進議員連盟にも所属している。