スマートフォン用の表示で見る

太田道灌

社会

太田道灌

おおたどうかん

室町時代の武将(1432-86)。扇谷上杉家の家宰として、父道真とともに主家を支えたが、道灌の勢威拡大を恐れた主君上杉定正によって誘殺された。

築城を得意とし、はじめて江戸城を築いた。また、歌人としても名高く、「山吹の花」などの故事がある。