スマートフォン用の表示で見る

太平公主

一般

太平公主

たいへいこうしゅ

(665年? - 713年)

唐の皇帝高宗の娘。母は武則天則天武后)。公主は皇帝を父に持つ皇女のことを指すが、太平公主の場合、父母ともに皇帝である。清代1814年に成立した『全唐文』の記述から、本名を李令月とする説もあるが、異説もある。