太平清領書

読書

太平清領書

たいへいせいりょうしょ

中国後漢時代にあった太平道の経典。于吉が曲陽の泉水のほとりで得た神書と伝えられている。