太陽賞

アート

太陽賞

たいようしょう

雑誌「太陽」が主宰していた写真の賞。

太陽賞は、株式会社平凡社の初の本格的グラフィック・マガジン「太陽」の発刊を記念して創設されました。第1回の荒木経惟氏から第34回の伊藤真理氏まで、すでに数多くの受賞者が、写 真界の最前線で活躍されています。太陽賞は、写真界の新次元を切りひらく作品を広く募集し、現代をとらえる清新な写 真表現を試みる新人写真家の輩出を期待し、優れた作品を顕彰することを目的としています。現在「太陽」は休刊中。