太陽暦採用記念日

太陽暦採用記念日

(一般)
たいようれきさいようきねんび

11月9日明治5年の11月9日(新暦1872年12月9日)に明治5年12月2日をもって旧暦(太陰太陽暦, 天保暦)を廃止し、その翌日を明治6年1月1日にしその日より新暦(太陽暦)を採用すると定められた。しかし、11月9日という日付は旧暦のものであるので、12月9日を記念日とするほうがふさわしいのではないだろうか。あるいは実施日の1月1日に。なお、当初の「日本の太陽暦」はグレゴリオ暦に歩調を合わせているものの、ユリウス暦のうるう年の置き方であった。

ネットの話題: 太陽暦採用記念日

人気

新着