唾石症

サイエンス

唾石症

だせきしょう

唾液をつくる組織(唾液腺)の中に石が生じて、炎症が加わると痛みや発熱、はれなどの症状が出ます。唾液腺には、耳下腺、舌下腺(舌の下、頸からはふれない)、顎下腺(あごの下)がありますが、唾石が生じやすいのは顎下腺です。生じた石が唾液の排泄を妨げ、食事の際、痛みやあごの下のはれなどが起こります。

症状が慢性的にくり返されると、顎下腺はかたい腫瘤に変化します。治療は、石の除去や顎下腺の摘出です。

・・・・・・時事通信社「家庭の医学」より引用

病気 病名