スマートフォン用の表示で見る

打ち水

一般

打ち水

うちみず

夏の暑い日に水を撒き、気化熱を利用して気温を下げること。

本来の打ち水は、早朝、または日没前後に行うものである。

午前中は温度上昇を鈍らせ、日没後は気化熱によって周囲の気温の低下を加速させる効果があり、日光による再加熱が無いため効果が持続する。

打ち水大作戦本部のように、都会のアスファルトに対し正午の炎天下に水を撒くのはまさに焼け石に水であり、水自体の温度と気化熱による温度低下の持続に疑問が残る。

環境配慮の面から、水道水ではなく再利用水を使うべき。

お風呂の残り湯を使うべし。