スマートフォン用の表示で見る

打ち水大作戦

一般

打ち水大作戦

うちみずだいさくせん

日時を決めて、

残り湯など二次利用水をつかって、

みんなで、いっせいに打ち水をする。

たったそれだけのこと。


たったそれだけのことで、真夏の気温を下げられる。

たったそれだけのことで、ヒートアイランド対策に効果をあげる。

たったそれだけのことで、真夏の電力エネルギーの節約になる。

たったそれだけのことで、地球にやさしい人になれる。

たったそれだけのことで、体も気持ちも爽やかになれる。

たったそれだけのことで、コミュニティがひとつになれる。

たったそれだけのことで、みんながハッピーになれる。

打ち水大作戦2004<よびかけ>

日本各地で行われる「決まった日時に一斉に『打ち水』をする」プロジェクトのこと。

発端は2003年の「大江戸打ち水大作戦」。

2004年は東京から全国、さらにはストックホルムでも行われるとか。

ただ、正午に打ち水をするのは効率的ではないので、早朝、または日没前後にするべきである。