体感治安

一般

体感治安

たいかんちあん

 人々が実際に肌で感じる治安の良し悪しに関する感覚。

日本の場合、統計的には凶悪犯罪の件数は減少しているが、人々の体感治安は悪化していると言われる。

その理由として、残虐さ・変質さの高い犯罪の発生が指摘されている。

一方で犯罪をセンセーショナルに取り上げるマスコミや予算や人員の確保のために治安の悪化を強調する警察当局の作為性を指摘する意見もある。