スマートフォン用の表示で見る

体細胞クローン

サイエンス

体細胞クローン

たいさいぼうくろーん

除核(細胞核を取り除く)した未受精卵と成体の細胞を融合させる、または除核した未受精卵に成体細胞の核を注入して代理母子宮に移す。

誕生した子は元の成体と同じ遺伝子を持ったクローンとなる。

このクローン体細胞クローンと言う。

体細胞が雌から提供された場合、雄が関与することなくクローンをつくることができる。