対馬海峡

地理

対馬海峡

つしまかいきょう

対馬海峡は、朝鮮半島南岸と北九州の間に流れている海峡。

約200kmの幅がある。

対馬を挟んで九州側を東水道、朝鮮半島側を西水道と呼び、どちらも特定海域に指定されている。このため、対馬および壱岐島の基線からその外側3海里の線及びこれと接続して引かれる線までの海域が領海となっている。