スマートフォン用の表示で見る

耐震強度

一般

耐震強度

たいしんきょうど

建物の地震に対する強さのこと。昭和56年(1981)に建築基準法施行令が改正され、現行の新耐震基準が定められた。


2005年11月17日に国土交通省が、千葉県の「姉歯建築設計事務所」の元一級建築士構造計算書を偽造していたと発表したことに始まる一連の事件である。そして、偽造された構造計算書を民間の検査機関(指定確認検査機関)が見抜けなかったことも大きな原因のひとつである。ヒューザー社長の様々な言動や元建築士の頭の疑惑なども付随して話題となった。