待合室 -Notebook of Life-

キャスト

監督・脚本:板倉真琴

出演:富司純子/寺島しのぶ/夏井志郎/ダンカン/山本澄江 /あき竹城/山本康夫/斉藤洋介/堀江由香/市川実和子

製作:河合洋/分部至郎/清原克明/川崎代治

撮影:丸池納(J.S.C.)

主題歌:綾戸智絵「Notebook of Life」

配給:東京テアトル/デジタルサイト

2006年/日本/107分

ストーリー

 ある雪の日、待合室に現れたのは妻と娘を事故で失った浩一だった。一晩を待合室で過ごし、生きる目的を失ったまま旅立った彼に、和代は読まれるあてのない励ましの返事を書く。小繋に嫁いできてからの色々な出来事を思い出しながら…。

 遠野で生まれ育った和代(寺島しのぶ)は、娘の幸せを願う母の想いを胸に小繋に嫁いできた。店で元気に働きながら、夫の志郎(ダンカン)とやがて生まれた娘・和枝と幸せな日々を送っていた。しかし、悲劇はある年の「子供祭り」の日におこった。和枝が、友達に千羽鶴を届けに行く途中に不慮の事故にあってしまったのだ。悲しみに呆然とする二人。そして数年後、志郎にも病魔の手が迫っていた。

 志郎亡き後二十年近くひとりで店を切り盛りしている和代の元に、時々ノートを通して知り合った若者が尋ねてくる。家族が自慢だったトラック運転手の梶野。実はある報告をしに来たのだが、和代を前にいいそびれる。結局電話でその事を知った和代は、独り涙する。また、以前よく来ていた早苗の親友である由香。和代は早苗の自殺を知らされショックを受ける。しかし、由香もまた自分自身の存在に苦悩する若者であることに気づく。