代数

サイエンス

代数

だいすう
  1. 代数学の意。
  2. K を体とする。K 加群 A に対して A 上に積が定義されて、分配法則及び ¥lambda(ab)=(¥lambda a)b=a(¥lambda b)(a,b¥in A,¥lambda¥in K) を満たすとき、A を K 代数という。

リスト::数学関連