スマートフォン用の表示で見る

代替医療

サイエンス

代替医療

だいたいいりょう

日本においての代替医療を簡単に規定すると、「現代西洋医学領域において、科学的未検証および臨床未応用の医学医療体系の総称」「現在の医療体制では認められていないもの」「普通に自己研鑽を積んでいる医師が主要な治療法として選ばないもの」を指します。

その中には昔からの伝統医療などの医学的根拠が判明しないものや、免疫療法(最先端医療的治療から、健康食品などを摂取するものを含む)などの広範囲のものを含みます。代替療法とも。

科学的に検証されていない(できない)ものや、臨床治療のデータがまだとれていないものを含むとはいえ、一概に「危険な治療法」と言い切ることはできません。

現在の認識では、一般的な治療では治癒が難しい病気や、病院の治療法に不信感を持った人々が藁にもすがる思いで挑戦するものとされていますが、そうそうバカにできるものでもないと考える人もいます。

個人のしっかりした判断と決意が重要になるでしょう。

参考URL

「専門雑誌に発表された論文」や「各国の研究機関の見解」などの内容を整理して、考えるための方法を提供するものです。ですから、決して個人の責任で実施するさまざまな療法を制限するものではなく、また、特定の療法を勧めるものでもありません


関連用語:ヒーリングリスト::オカルト用語