代用魚

代用魚

だいようぎょ

日本で古くから食用とされてきた魚介類の代用として、近年利用されている魚介類。

従来は国内で流通・消費されてこなかった外国魚・深海魚などが使われている。

  • 高級魚への代用、大衆魚の資源枯渇への対策
  • 漁業資源の安定供給やコスト削減

などの目的で利用される事が多い。

従来の魚と味が似ていても外見が異なるものが多いため、切り身や加工品として売られる場合が多い。シシャモのように代用魚の方が主流となった例もある。

代表的な例