一般

台風の目

たいふうのめ

しばしば運動会や体育祭で行われる競技。

一本の長い棒を数人で持ち、一定ルートを走る競技。

走り終わった後に棒を立てる場合もある。

ルートの途中には途中にコーンなどが立っていて、その周りを回ったりする。

このとき外側の人が速く走り、内側の人は棒が持っていかれないように踏ん張る必要がある。