台湾国民党

社会

台湾国民党

たいわんこくみんとう

台湾政党

2005年7月30日に台湾南投県埔里鎮で結党が宣言された。党主席に廖国安?を選出したが、党組織に関する規定に不備があり内政部による正式な認可は受けられなかったが、2007年5月27日に台湾126番目の政党として認可を得た。政治的立場としては台湾民族主義に属し、結党大会において廖国安?が台湾本土意識?台湾正名運動について支持することを表明している。

2007年5月27日に桃園において結党大会を開催した。その際に台湾の埔里から台湾観点で世界を俯瞰する方針が打ち出された。結党大会では精神的な指導者とする李登輝が唯一の貴賓として招待されたが健康上の理由で欠席している。しかし台湾団結連盟南投県支部の陳啓吉、民主進歩党の蔡煌瑯などが出席している。

なお中国国民党とは全く無関係の政党である。馬英九は類似した党名を採用したことに対し、台湾政局に混乱を招くと批判し、無視する態度を採っている。