台湾正名運動

社会

台湾正名運動

たいわんせいめいうんど

台湾本土化運動の1つ。「中国(China)」の「中華」という呼称を「台湾Taiwan)」へ置き換え、台湾の存在を「中国の一部」から「中国とは別個の地」に代えることを目標としている。1990年代から徐々に主張する人達が増え、特に2002年5月11日に実施された511台湾正名運動によって中華民国の「台湾本土化」の運動がますます促されるようになっている。


事例

台湾桃園国際空港

台湾郵政

台湾中油

台湾国際造船