スマートフォン用の表示で見る

台湾料理

台湾料理

たいわんりょうり

台湾料理は、漢民族中国本土の福建から入植してきている歴史があり、中華料理のなかの福建料理が源となり、これが台湾独自で発展してきた。

味は、あっさり、脂っこくなく、塩気があまりないのが特徴です。

料理には海鮮食材や野菜をたくさん使った料理が多い。

肉類は、豚肉をつかう事が多いが、内臓を煮込んでスープにするなど牛や豚の内臓料理も結構多い。

麺類は小麦の粉を使ったものやビーフンをつかったものがある。