大下宇陀児

読書

大下宇陀児

おおしたうだる

探偵小説作家(1896年明治29年)11年15日〜1966年昭和41年)8月11日)

長野県箕輪町生まれ。九州大工学部応用化学科卒。

甲賀三郎とは、農商務省臨時窒素研究所時代の同僚同士。

星新一を見出した。

1925年(大正14年)甲賀三郎の活躍に刺激され、「金口の巻煙草」を「新青年」誌に発表し、デビューする。

1947年昭和22年NHKのラジオ番組「二十の扉」の解答者となる。

1950年昭和25年)「宝石」誌に発表した『石の下の記録』で、翌年第4回探偵作家クラブ賞長編賞を受賞。

1966年昭和41年心筋梗塞のため死去。

代表作

・「凧」

・『石の下の記録』 等