大下弘

スポーツ

大下弘

おおしたひろし

戦後のプロ野球選手。通称「青バット」「ボンちゃん」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は3番。

1922年12月15日生まれ。兵庫県生まれ、台湾高雄出身。

1936年台湾高雄市に移る。明治大学在学中に応召、陸軍航空隊員となる。

1945年9月、復員後、セネタースに誘われ入団。同年11月の東西対抗戦で6打数3安打で飾る。

1946年、20本塁打を記録*1

1947年からは川上哲治赤バットに対抗し、青バットの使用を開始。二度目の本塁打王と初の首位打者を獲得。赤バットの川上、青バットの大下と並び称された。


1949年東急フライヤーズで日本プロ野球最長とも言われる推定飛距離170mの本塁打*2を放つ。

1950年からの二リーグ分立後もフライヤーズに属し、初年度から二年連続首位打者1951年、三度目の本塁打王を獲得。

1952年宇高勲の説得により、深見安博緒方俊明との1対2の交換トレードで西鉄ライオンズに移籍。

三原脩*3の元、ライオンズ野武士軍団の3番打者として、1956年以降の3年連続日本一に大いに貢献。チームを支えた。

1リーグ制末期から草創期パ・リーグを代表する大打者として戦後日本のプロ野球を支えた。

1959年打率.303を残しながら現役引退。

1960年3月1日、背番号3番が永久欠番*4となる。


1961年阪急ブレーブスのコーチに就任。

1968年東映フライヤーズの監督に就任し復帰するも、成績不振の為にシーズン途中で退任。

1978年、脳血栓で倒れる。

1979年5月23日、千葉市内の自宅で睡眠薬自殺し、逝去。

1980年野球殿堂入り。


大下弘 虹の生涯 (文春文庫)

大下弘 虹の生涯 (文春文庫)


青バットのポンちゃん大下弘―伝説に彩られた天才打者の実像 (ドキュメント人物昭和史)

*1:当時の本塁打数の状況を考えると空前絶後の記録である。

*2札幌円山球場で達成。

*3:日本の野球の打撃人を五人あげるとすれば、「川上、大下、中西、長嶋、王」。三人にしぼるとすれば、「大下、中西、長嶋」。そして、たった一人選ぶとすれば、「大下弘」と賞されている。

*41968年東映フライヤーズ監督就任の際に自ら返上した。