スマートフォン用の表示で見る

大覚寺統

一般

大覚寺統

だいかくじとう

鎌倉後期の皇統分裂後、亀山天皇の血を引く天皇朝廷

その名は亀山天皇が退位後大覚寺御所に定めたことによる。


南北朝分裂後は平安京に対し南にある吉野に朝廷を置いたことから南朝と呼ばれる。

吉野に逃げ延びるときに平安京に残してきた三種の神器を偽器と主張し、正平一統でそれすらも持っていってしまった。


近代までは血統的に今上天皇に連なる北朝が正統とする説が有力であった。

しかし明治天皇南朝を正統としたことにより、今は南北朝時代南朝天皇が歴代天皇に並べられている。