大学南校

一般

大学南校

だいがくなんこう

明治初期の官立洋学校。現在の東京大学法・理・文学部の源流。1869年(明治2)6月、明治政府は旧江戸幕府直轄の高等教育機関昌平学校(昌平坂学問所)を大学とし、これに開成学校(開成所)、医学校(医学所?)の2校を分局として統合、同年12月開成学校を大学南校と改称した。これは本郷湯島にあった大学本校の南にあたる神田一ッ橋に位置していたためである。

明治5年1872年)の学制により大学南校は「第一大学区第一番中学」、1873年(明治6年)専門学校*1となって開成学校と改称し、1874年ついで「東京開成学校」に改称された。開成学校への改称後、校地は東京大学法理文3学部継承された*2

*1:後年の専門学校令に準拠した旧制専門学校とは異なる

*2:その後現在地の東大本郷校地に順次移転