スマートフォン用の表示で見る

大企業病

一般

大企業病

だいきぎょうびょう

主に規模が大きい企業の組織が官僚的になり、意志の疎通が不十分になってしまい、結果的に経営の意思決定のスピードが遅くなったりして非効率的になったりすることである。また、外部から見ると企業風土唯我独尊的になって閉鎖的な企業になってしまうと言われている。