スマートフォン用の表示で見る

大儀見優季

スポーツ

大儀見優季

おおぎみゆうき

女子サッカー選手。ポジションはフォワード

1987年7月15日生まれ。神奈川県出身。身長168cm、体重60kg。

旧姓は永里。サッカー選手の永里源気は兄、永里亜紗乃は妹。

経歴・プレースタイルなど

外国人選手にも当たり負けしないフィジカルを持ち、優れたポジショニングと鋭い動き出しでゴールを狙うストライカー。ゴール前では泥臭いプレーも怠らず、得点への執念は非常に強い。

2004年、サッカー日本女子代表なでしこジャパン)に初選出。2007年FIFA女子ワールドカップ、2008年北京オリンピックに出場。2011年FIFA女子ワールドカップでは、全試合に出場して金メダル獲得に貢献した。

2011年7月に入籍したことを発表。2012年7月から登録名を「大儀見優季」に変更した。


* リスト::女子サッカー選手